【ステレオ・マッチド・ペア】【あす楽対応】【土・日・祝,発送対応】,17820円,【ikbp1】,Pair,SE,Electronics,高性能スモールダイアフラムコンデンサーマイク,/azonic365126.html,楽器・音響機器 , PA機器 , マイク,sE8,fullmeta.com 高性能スモールダイアフラムコンデンサーマイク SE Electronics sE8 Pair ステレオ マッチド 日 土 ペア あす楽対応 ikbp1 祝 出群 発送対応 【ステレオ・マッチド・ペア】【あす楽対応】【土・日・祝,発送対応】,17820円,【ikbp1】,Pair,SE,Electronics,高性能スモールダイアフラムコンデンサーマイク,/azonic365126.html,楽器・音響機器 , PA機器 , マイク,sE8,fullmeta.com 高性能スモールダイアフラムコンデンサーマイク SE Electronics sE8 Pair ステレオ マッチド 日 土 ペア あす楽対応 ikbp1 祝 出群 発送対応 17820円 高性能スモールダイアフラムコンデンサーマイク SE Electronics sE8 Pair 【ステレオ・マッチド・ペア】【あす楽対応】【土・日・祝 発送対応】 【ikbp1】 楽器・音響機器 PA機器 マイク 17820円 高性能スモールダイアフラムコンデンサーマイク SE Electronics sE8 Pair 【ステレオ・マッチド・ペア】【あす楽対応】【土・日・祝 発送対応】 【ikbp1】 楽器・音響機器 PA機器 マイク

高性能スモールダイアフラムコンデンサーマイク SE Electronics sE8 Pair ステレオ マッチド 日 土 ペア あす楽対応 ikbp1 祝 人気の製品 出群 発送対応

高性能スモールダイアフラムコンデンサーマイク SE Electronics sE8 Pair 【ステレオ・マッチド・ペア】【あす楽対応】【土・日・祝 発送対応】 【ikbp1】

17820円

高性能スモールダイアフラムコンデンサーマイク SE Electronics sE8 Pair 【ステレオ・マッチド・ペア】【あす楽対応】【土・日・祝 発送対応】 【ikbp1】










★概念を覆す驚異のサウンド

sE8 はスタジオやステージにおける様々な課題に応える、最新の高性能スモールダイアフラムコンデンサーマイクです。

手作業で製造される新しいカプセルは、優れたバランスのサウンドを提供する洗練されたバックプレート・デザインを採用しているためまったく痛々しくならず、ドラムのオーバーヘッドやハイハットといったソースに最適です。

これまでで最も静かなスモール・カプセル・マイクロフォンのひとつであり、クラス最高峰のダイナミック・レンジとSPLへの対応力、アッテネーション・パッドやローカット・フィルターとともに、スタジオ/ステージを問わず求めるサウンドにしっかりと対応してくれることでしょう!

●ハンドメイドのトゥルーコンデンサーカプセル
・最大限の信頼性を保証する金蒸着ダイアフラム
・sEの自社工場で手作りされ、個別に調整が行われるカプセル
・優れた直線性と自然なサウンドのために最適化された超高精度な電極設計
・優れたトランジェントを誇る超薄型3ミクロンの金蒸着ダイアフラム
・新開発のバックプレート設計による滑らかなサウンドと一貫したオフアクシス特性
・精密部品による高度な音響設計
・不要な着色を最大限回避

●クラスで最も静かなペンシルマイク
・高度な電子設計がICを使用せずに極めて低いノイズを実現
・鮮やかで透明性に優れたトランスレス設計
・実績あるクラスA回路により、高いダイナミックレンジとクリーンでスムースなレスポンスを保証

●切り替え可能なパッド
-10dB / -20dB の切り替えが行えるパッドスイッチはダイナミックレンジを拡張し、管楽器やスネアドラムといった幅広いアプリケーションとクローズドマイクテクニックを可能にします。

●切り替え可能なローカットフィルター
80Hz / 160Hz から選択可能なローカットフィルターは、低周波のランブルや不要な足元のノイズ等を軽減し、クローズマイク時の過剰な近接効果を平衡させることに役立ちます。

●金属製の筐体とプレミアムな仕上げ
sE8 のメタルシャーシは電気的な干渉やノイズを効果的に抑えます。また、高い品質の仕上げと金メッキされたXLRコネクタにより、信頼性の高い信号接続を実現します。新しく設計された付属のマイククリップによって、マイクスタンドへ確実に取り付けることができるでしょう。

●ハンドメイドのカプセル
sE Electronics のすべてのトゥルーコンデンサーと同様に、sE8 の金蒸着カプセルは自社工場で熟練工の手による製造と調整が行われています - これはこの価格帯のマイクにおいては非常に珍しいことであり、同社の誇りとなっています。
カプセルの製作と調整は繊細で芸術的な工程であり、マイクの最も重要な要素なのです。

●sE8 マッチド・ペア
sE8 には数百もの個々のマイクから熟練工によって選別された、可能な限り最高のステレオイメージを実現する "マッチド・ペア" モデルもラインナップされます。

sE8 マッチド・ペアには、高精度のステレオマウントバー、2つのウインドスクリーン、2つのマイククリップ、堅牢なメタルフライトケースが付属しています。

■仕様
タイプ : スモールダイアフラムトゥルーコンデンサー
指向性 : カーディオイド
周波数特性 : 20Hz - 20kHz
感度 : 25 mV/Pa (-32 dBV)
最大音圧レベル :
139 / 149 / 159 dBSPL (0/10/20 dB パッド) (0.5% THD @ 1kHz)
セルフノイズ:13 dB (A)
ダイナミックレンジ : 126 / 136 / 146 dB (0/10/20 dB パッド)
S/N比 : 81 dB
ローカットフィルター : 80 / 160 Hz、6 dB/Oct (選択可)
パッド : 10 / 20dB (選択可)
動作電源 :ファンタムパワー48V (IEC 61938 準拠)
インピーダンス : 110Ω
推奨負荷インピーダンス : 1kΩ以上
消費電流 : 2.7 mA
コネクタ : XLR 3ピン
外形寸法 : 23 mm (直径) x 120 mm (長さ)
本体重量 : 141 g
付属品 : マイククリップ (変換ネジ付き)、ウインドスクリーン

※仕様は予告なく変更となる場合があります。


高性能スモールダイアフラムコンデンサーマイク SE Electronics sE8 Pair 【ステレオ・マッチド・ペア】【あす楽対応】【土・日・祝 発送対応】 【ikbp1】

注目の記事

HOT TOPICS

特集記事

カーオーディオリンク

特集記事

もっと見る

特集記事特集をもっと見る

自動車

もっと見る

自動車特集をもっと見る

カーオーディオまとめ記事

もっと見る

カーオーディオまとめ記事特集をもっと見る

デモカー製作記特集をもっと見る

最新ニュース一覧

もっと見る
自動車

【ホンダ シビック 新型試乗】“G”世代にも響く?ドライバー重視の仕上がり…島崎七生人

新型『シビック』のターゲットユーザーは“Generation Z”と呼ばれる、生まれた時からインターネットがあった世代。とはいえ初代『シビック』が誕生した時(=1972年)にはとっくに生まれていた筆者(さしずめジェネG=爺!?)にも響く気がした。

カーオーディオ

“三菱 デリカD:5”car audio newcomer!(オーナー:大内善徳さん) by  SOUND WAVE 後編

サウンドウェーブの製作車両をイベントで試聴し、その音の良さに影響を受けた大内さん。デリカD:5を購入したのを機会にオーディオのグレードアップを目指した。茨城県のSOUND WAVEでスピーカー、DSPアンプに加えてサブウーファーも組み込むことにした。

自動車

車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写

トヨタが『ヤリス』をベースに本格4WDスポーツとして仕上げた『GRヤリス』。その高い性能はモータージャーナリストからも評価されているが、さらなるハードコアモデルが用意されているという。

カーオーディオ

装着しやすいモデルなら、工賃の抑制が可能に! システムアップのための、カーオーディオユニット“AtoZ”! lesson 01「スピーカー編」その7

カーオーディオシステムのバージョンアップを検討しているドライバー諸氏に向けて、製品のタイプ違いや選び方を解説している当シリーズ。現在は「スピーカー」をテーマにお贈りしている。今回は、「ツイーターの取り付け性」について考察していく。

自動車

トヨタのミニバン、エスクァイア が生産終了…7年の歴史に幕 12月

トヨタ自動車は、『エスクァイア』の生産を12月上旬に終了すると発表した。

カーオーディオ

ユニットの性能を引き出すための重要パーツがさまざまある! カーオーディオ『用語解説・2021』 Section 4・アクセサリー編 第1回

ビギナーには分かりづらい専門用語が多々使われるカーオーディオ。当連載では、そんな難解なワードを1つ1つ解説している。今回からは新たな章に突入し、カーオーディオシステムを組むときに必要となるさまざまな「アクセサリー」にスポットを当てていく。

カーオーディオ

スバル WRX 30年の歴史---新型は2022年発売[フォトヒストリー]

初代WRXは『インプレッサWRX』として1992年に日本で発売された。WRXは、高出力パワーユニットを核とするシンメトリカルAWDシステムを搭載した、スバルのAWDスポーツパフォーマンスを象徴するモデルとされる。

自動車

カワサキ Z900RS SE 発売へ、Z1を彷彿とさせるイエローボールのハイグレード仕様

カワサキモータースジャパンは、レトロスポーツ『Z900RS』シリーズにハイグレードモデル『Z900RS SE』を設定し、来春より販売を開始する。

カーオーディオ

「5バンドタイプ」の「イコライザー」を楽しみ尽くす方法とは?「サウンドチューニング」実践講座 Part2 イコライザー編 その3

カーオーディオでは、「サウンドチューニング」も楽しむべきポイントの1つだ。当連載では、その実践方法を1つ1つ紹介している。現在は「イコライザー」をテーマにお贈りしている。今回は、「5バンドタイプ」のシンプルな「イコライザー」の操作方法の一例を紹介する。

カーオーディオ

スピーカーケーブルの配線もプロに任せれば安心! プロショップで実行する「スピーカー交換」、その手順とコツと利点を完全伝授! Part5

カーオーディオの音を良くしたいと思ったら、まずは「スピーカー交換」を検討しよう。しかし、DIYで行うのは簡単ではない。なので当特集ではこれをプロに任せることを推奨し、専門店で行うことの利点からプロショップの活用法までを解説している。

自動車

謎のアストンマーティン DBX、その正体は噂のV12モデルなのか?

アストンマーティンのクロスオーバーSUV、『DBX』と見られる謎の開発車両をニュルブルクリンク付近で目撃した。

自動車

【BMW 318iツーリング 新型試乗】積極的にこのエントリーグレードを推したい…中村孝仁

若い時は、複数のグレードが存在するモデルの場合、やはり上級モデルに目が行きがちで、エントリーモデルを積極的にチョイスするのはAセグメントやBセグメントのハッチバックだけのように気がした。

カーオーディオ

“ボルボ V70R”Pro Shop インストール・レビュー(オーナー:梅本正樹さん) by サウンドステーション オートステーション K2 前編

ボルボに惚れ込んだオーナーはオーディオを組む際にもボルボの魅力である広いラゲッジルームはスポイルしたくなった。そんなリクエストを受けて大阪府のサウンドステーション オートステーション K2が限られたスペースを有効活用した取り付けを実践した。

自動車

セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売

セルスター工業は、受信性能を2倍にアップした、レーザー式オービス対応の一体型セーフティレーダーの3.7インチモデル「ASSURA(アシュラ)AR-W87LA」を9月より発売する。

自動車

マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]

◆「マツダ・インテリジェント・ドライブセレクト(Mi-Drive)」採用 ◆立体的なグリルを得た新デザインのフロントマスク ◆先進運転支援システムの「i-ACTIVSENSE」をアップデート

カーオーディオ

プロが『サイバーナビ』を薦めるワケとは? 「ソースユニット学・入門」第1回『サイバーナビ』編

車内で音楽や映像を楽しむためには、AV素材を再生する機器である「ソースユニット」が必要となる。なお昨今は車内で楽しめるAVコンテンツの幅が広がり、結果、「ソースユニット」の選択肢も車載専用機からDAPまで幅広い。さて、その中から何を選ぶと良いのだろうか…。

自動車

トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は

トヨタは、『カローラ』の派生SUV『カローラクロス』を発表したばかりだが、ファミリーの頂点ともいえるハイパフォーマンスモデル『GRカローラ』(仮)が開発中との情報を、スクープサイト「Spyder7」がつかんだ。

自動車

【シトロエン C5エアクロスSUV PHEV 新型試乗】手玉をとられるばかりである…岩貞るみこ

モーターにアシストされた瞬発力ですいっと前に出る。見た目から感じた重量感は微塵もなく、ひょいひょいとした身のこなし。このギャップにまず萌える。

カーオーディオ

高性能なメインユニットだからこそ可能となる“高音質システム”とは? 「外部パワーアンプ」、貴方ならどう使う? Part4 マルチアンプシステム

「外部パワーアンプ」を用いると、愛車のカーオーディオシステムの実力を一層高められる。当特集では、その理由から具体的な活用術までを解説している。今回は、高性能な「メインユニット」を核として構成する「マルチアンプシステム」について説明する。

自動車

メルセデスベンツ『シタン』新型、受注を欧州で開始…2万3024ユーロから

◆メルセデスベンツの小型車ファミリーと同じ表情 ◆「ハイ、メルセデス」と呼びかける音声制御システムは自然言語で作動 ◆商用車の「パネルバン」と乗用ミニバンの「ツアラー」 ◆ツアラーの発売当初のエンジンは3種類

もっと見る

page top